ウォーターサーバーの苦情とトラブル ウォーターサーバーの苦情とトラブル
当サイトについて

ボトル型ウォーターサーバーの利用者から業者に寄せられることが多い苦情について典型的なものをいくつか挙げ、その内容や原因、有効な対策方法などを紹介しています。

ウォーターサーバーでよくある苦情って?原因と対策をまとめました

ボトル型ウォーターサーバーには数多くのメリットがある一方、さまざまな理由から苦情が一定数存在するという特徴もあります。

ここでは、ボトル型ウォーターサーバーのメリットと苦情の具体的な例とその原因をご紹介すると同時に、水道直結型ウォーターサーバーとの比較も行ってみたいと思います。

ボトル型ウォーターサーバーのメリット

メリット
ボトル型ウォーターサーバーのメリットボトル型ウォーターサーバーのメリットとしては、ミネラルウォーターや天然水、RO水、アルカリイオン水など、水の種類が多岐にわたるため、価格や期待できる効能などから好きなものを選ぶことができるという点が挙げられます。
また、これらの水は業者が特定の採水地のみで汲み取った新鮮なものであるだけでなく、不純物の処理などの品質管理のための対策も十分に行われていることが殆どであるため、安全性の高さという点においてもメリットです。
一方でこのタイプのサーバーを取り扱う業者では、利用者宅へのボトルの宅配を行っていることが多く、高層階に住んでいる方などにとって大きな助けとなりますね。
また、ボトルに入った水は自宅に常時複数本保管することにより非常時の備えにもなります。
苦情が絶えないという側面もあり
このように多くのメリットを兼ね備えているボトル型ウォーターサーバーですが、その一方で苦情が絶えないという側面があることも事実です。 そこで、続いてはボトル型ウォーターサーバーの利用者から寄せられる苦情の実例とその原因をいくつか挙げ、ご紹介していきたいと思います。

「引っ越し業者の電話勧誘で契約してしまったけど解約できない」

解約できなくて困っている女性引っ越しをした後しばらくすると、引っ越し業者からさまざまな勧誘をされることがあります。

中でもウォーターサーバーの勧誘では初期設置費用やレンタル料などが無料となるキャンペーンを行っていることを強調し、加入を迫ってくるケースも少なくありません。

しかしながら、このような引っ越し業者によるウォーターサーバーの勧誘から契約をしてしまうケースでは、後に多くの苦情が寄せられることも多く、注意が必要です。

中でも特に苦情が多いのが、一度結んだ契約を解約しようとしたところ、高額な解約料を請求されていたり、クーリング・オフには対応していない旨の説明をされ、解約をさせてもらえないというケースです。

また、中には解約を申し出ると引っ越し業者とウォーターサーバー業者の間でたらいまわしにされ、解約ができなくなるというケースも多く、契約を結ぶ際には、その内容を十分に確認するようにし、電話口だけでの契約の締結は避けるなどの対策を講じる必要があります。

「ショッピングモールで当選したと騙されて契約した」

安易に契約を結び大損した男性ショッピングモールでウォーターサーバーの加入権などを景品とする抽選会が行われているのを目にしたことがあるという方も多いことと思われます。

しかしながら、このような抽選会に対する苦情も多いというのが事実です。

このようなショッピングモールで行われている抽選会は、そもそもの目的をウォーターサーバーの勧誘としていることが多く、スタッフの「当選した」という言葉を信じ、その場でウォーターサーバーの契約を結んでしまう方も少なくありません。

また、特に悪質なケースでは、契約内容の詳細を確認できないよう、その場で契約書にサインをさせていたり、後日解約を申し出た際に高額な解約料を請求するといったこともあります。

このようにショッピングモールで行われているウォーターサーバーの加入権などを景品とする抽選会は、そもそもの目的が勧誘であることも多く、そのことを知らずに契約してしまった方からの苦情が多いようです。

そのため、抽選会という言葉に騙されず、安易に参加し、契約を結ばないよう注意する必要があります。

「ウォーターサーバーの水がビニール臭い」

ウォーターサーバーの利用者からの苦情の中には臭いに関するものも少なくありません。

ビニール臭さで鼻をつまむ様子中でも、特に多い苦情のひとつがビニール臭です。

通常、ウォーターサーバーに使用される水は、塩素などの不純物の処理がされているため、それらを原因とするカルキ臭をはじめとした異臭はしないことが殆どです。

しかしながら、ボトルに入った状態の水は、採水から長い時間がたってしまうとボトルの素材が原因となり、ビニール臭が移ってしまうこともあります。

特にボトル型ウォーターサーバーの場合は、購入ノルマなどの関係から、ボトルが配達されてから実際に消費するまで長い時間がかかることも多いため、そのことがビニール臭の原因となっていることも考えられます。

以上のことから、水のビニール臭が気になるのであれば、可能な限りボトルは小まめに注文することで在庫を溜めないようにし、水にビニール臭が移る前に消費するよう心掛ける必要があります。

そのため、業者を選ぶ際には、このような苦情の原因となる最低注文本数のノルマの有無や、取り扱っている水の臭いを事前に確認するようにし、契約後臭いが強くなるようなことがあれば、すぐに解約してしまうのもよいかもしれません。

「ウォーターサーバーの火傷事故」

赤ちゃんウォーターサーバー利用者からの苦情の中には、サーバーの使用時に発生した事故に関するものも多いという特徴があります。

特に最近では温水機能が搭載されているウォーターサーバーが圧倒的に多くなっているため、この機能を原因とする火傷事故に関する苦情も多いです。

中でも特に多いのが子どもの火傷事故です。

特にボトル型のウォーターサーバーの場合、重量のあるボトルを縦長の形状をしたサーバーの上部に取り付けるため安定しないことがあり、子どもが温水機能を使用している最中に誤ってサーバーを倒し、火傷をしてしまうという事例もあります。

また、特に小さな子どもは興味本位でサーバーをいじってしまうこともあり、それが原因となって熱湯が手にかかり火傷をしてしまうという事故も少なくありません。

このような事故はその件数も多く、平成25年には国民生活センターが注意喚起を行ったこともあります。

また、業者によっては、その対策として子どもの誤操作を防ぐためのロック機能などをサーバーにつけていることもありますが、そのような対策も決して万能ではなく、火傷事故の原因撲滅には至っていません。

そのため、現在でもウォーターサーバーを原因とする火傷事故に関する苦情は絶えておらず、利用者は注意しなければなりません。

「毎月宅配してもらう時の受け取りが面倒」

訪問する様子ボトル式ウォーターサーバーの利用にあたっては、ボトルを業者が宅配する形となることが殆どですが、その宅配方法が苦情の原因となることも少なくありません。

中でも特に多いのが、受け取るのが面倒であるという苦情です。

業者が行うボトルの宅配は、一般的な運送業者が行う宅配とは異なるため、配達が平日しか行われていなかったり、指定できる配達日時に制限がある場合などがあります。

そのため、家を留守にすることが多い方などの場合は、ボトルを受け取るためだけに時間を捻出しなければならないこともあり、それが苦情の原因です。

また、ボトル型ウォーターサーバーで使用するボトルはサイズが大きいため、宅配ボックスが使用できなかったり、配達された後に保管場所へ運ぶのが大変であるといったデメリットもあり、そのこともまた苦情の原因となっています。

このようにボトル型ウォーターサーバーの利用における宅配方法は、融通が利かないことが多く、そのことが苦情の原因になっていると考えることができます。

「ウォーターボトルが重たい、ボトル交換が面倒」

ボトルウォーターサーバーのボトルの重さは業者によって異なりますが、殆どの場合その容量は十数リットルにおよぶため、その重量も決して軽いということはありません。

そのため、ボトルが重たいという点が苦情の原因となっているケースも少なくないです。

ボトルの重さを原因とする苦情の中で特に多いもののひとつが、運びづらいというものです。

特に重量のある大型のボトルは業者に配達をしてもらっても、宅内の保管場所まで自力で運ぶことすら困難となってしまう場合もあり、特に女性や高齢者にとっては大きなデメリットとなります。

一方で重量のあるボトルには交換がしづらいというデメリットもあり、そのこともまた苦情の原因となります。

特に多くのボトル型ウォーターサーバーでは、サーバーの上部にボトルを取り付ける形となっているため、重量のあるボトルを高い位置まで持ち上げるには強い力が必要となり、交換も困難となる場合があります。

また、最近では廃棄をしやすくすることを目的とした潰しやすい素材が使用されたボトルも多くなっており、交換時に床に落とすなどしてしまうとボトルが破損し、周辺が水浸しになってしまうこともあります。

そのため、このような交換がしづらいという点を原因とする苦情もまた多いという特徴があります。

「毎月のノルマが原因で水が増えすぎて困る」

溜まってきたボトルボトル型ウォーターサーバーを取り扱う業者の多くでは、ボトルの注文本数についてすべての利用者にノルマを課すことによって、最低限の販売本数を確保することに努めています。

この傾向は、初期設置費用やサーバーのレンタル料を無料とする業者が増えるに従いより顕著となる一方、苦情の原因となることも多くなっているという事実です。

このようなボトルの購入本数のノルマに関する苦情として特に多いものが、ノルマ分として購入したボトルが消費しきれず、どんどん溜まってしまうというものです。

特に冬場は水の消費量が少なくなることが原因となってボトルを溜めてしまう方は多く、苦情も多くなるという特徴があります。

また、サイズが大きく重量もあるボトルはただでさえ一般家庭で保管できる本数には限度があり、溜まってしまったボトルを保管することすらできないことが苦情だけでなく解約の原因となっていることも少なくありません。

しかしながら、注文本数のノルマは契約内容に明記されていることが殆どであるため、契約時にしっかりと確認をすれば、このような事態は避けることが可能です。

水道直結型ウォーターサーバーの特徴・メリット

ウォーターサーバーの水を注ぐ様子以上のようにボトル型ウォーターサーバーにはさまざまなデメリットがあり、そのことが多くの苦情の原因となっています。

しかしながら、これらのデメリットは水道直結型ウォーターサーバーなら解決できるかもしれません。

水道直結型ウォーターサーバーの大きな特徴のひとつが、その名称からも分かるとおり水道に直結させて使用するという点です。

そのためボトルを使用する必要がなく、ボトルの重さや大きさ、配達方法、交換方法などに関連するデメリットも存在しないため、それらを原因とする苦情もありません。

また、水道直結型ウォーターサーバーは、ボトル型ウォーターサーバーのようにサーバーの上部にボトルを設置する必要がないだけでなく、水道に直結させることにもよってサーバー自体が安定するため、転倒事故や、それを原因とする火傷事故などを防ぐことが可能であるというメリットもあります。

一方で水道直結型ウォーターサーバーはボトルを購入する必要がないため、上述したような購入本数のノルマも存在せず、消費しきれないボトルが溜まってしまう心配も不要です。

そのため、ボトルの保管場所を確保する必要がないという点も大きなメリットとなります。

水道直結型ウォーターサーバーを選ぶなら「CoolQoo」がおすすめ

ウォーターサーバーCoolQoo以上のことから、水道直結型ウォーターサーバーには、ボトル型ウォーターサーバーで大きなデメリットとなる費用や利用方法、事故などに対する対策として的確な特徴がそろっており、導入することでその利便性の高さを実感できるでしょう。

一方で水道直結型ウォーターサーバーを取り扱う業者は少ないため、どこの業者を利用すればよいか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが「CoolQoo」です。

CoolQooは典型的な水道直結型ウォーターサーバーの特徴の殆どが備わっているだけでなく、2種類のろ過機能による高性能な不純物の処理機能や、機器内の自動洗浄機能なども搭載されており、総合的に見てもその性能は大変優れています。

また、年1回の有人メンテナンスも行っていることから、衛生状態の管理対策も十分に行われていることがうかがい知れ、細菌感染などへの不安も払拭することができます。

このようにCoolQooには基本的なものだけでなく、より高性能な機能も付加されており、水道直結型ウォーターサーバーの中でも特におすすめすることができます。

また、以下におすすめの水道直結型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介していますので、ぜひ、そちらのほうも業者を探す際の参考にしてみてください。