ウォーターサーバーのメリットと、それでも苦情が発生してしまう理由とは?その実情をご紹介

メリットと、それでも苦情が発生してしまう理由

多くの業者がウォーターサーバー事業へ参入するようになった昨今では、サーバー自体の機能も多岐にわたるようになりました。

ここでは、そんなウォーターサーバーの特徴やメリット、苦情について解説したいと思います。

ボトル式のほうが普及率が高い

ウォーターサーバーは大きく分けてボトル式水道直結式の2種類に分けることができます。

しかしながら、その普及率はボトル式のものの方が圧倒的に高く、「ウォーターサーバー」といえばボトル式のものを指すことが多いです。

メリット
ボトル式のサーバーには、ミネラルウォーターや天然水、RO水、アルカリイオン水など、さまざまな種類の水に対応できるというメリットがあります。
そのため、使用目的や予算に合わせて好きなものを選択することが可能となっています。
また、多くの場合、水は業者が選定した採水地で汲み取った新鮮なものが使用されているだけでなく、不純物の除去などの処理も入念に行われているため、水そのものの品質がよいという点も大きなメリットですね。
一方でサーバーを使用するにあたって必要となる水が入ったボトルは、多くの場合、業者が配達してくれるため、マンションの高層階に住んでいる方などにとって大きな助けとなります。
また、水が入ったボトルは、常時自宅に複数本保管した状態となるため、非常時の備えにもなりますね。
苦情が絶えないという実情も
このようにウォーターサーバーにはさまざまな魅力があり、多くの方がその恩恵を受けています。
しかしながら、その一方で苦情が絶えないという実情もあり、自宅での導入を検討する際には、それらの苦情の具体的な内容についても知っておく必要があるはずです。
ここでは、サーバーに対する苦情として特に多いものを7例ご紹介しますので、導入を検討する際の参考にしてみてください。