よくある苦情って?「毎月宅配してもらう時の受け取りが面倒」についてご紹介

毎月宅配してもらう時の受け取りが面倒

ウォーターサーバーの利用者からの苦情は、ボトルの宅配に関するものも多いようです。

特にボトルを受け取る際の時間や方法に関しては制限があることも多く、そのことが苦情の原因となっているという実態もあります。

ボトルは配達されることが殆ど

ウォーターサーバーの中でもボトル式のものは、十数リットルの水が入ったボトルを使用するため、個人で購入し、自宅まで運ぶということは困難を極めます。

そのため、多くの場合、ボトルは業者が利用者の自宅まで運んでいるのです。

しかしながら、このようなボトルを運ぶ業者は一般的な運送会社とは異なるため、時間や配達方法の融通が利かず、そのことが苦情の原因となることもあります。

一回あたりの宅配本数が多い

このようなボトルを運ぶ業者は、配達人員も限られていることが多く、一回あたりの最低配達本数を決めることにより、同じ家へ数日おきに何度もボトルを運ばなければならなくなることを防いでいるのです。

そのため、一回あたりの宅配本数は多くなってしまうこともあり、宅配ボックスなども使用できないことから、配達時には利用者が在宅していなければならないというケースも少なくありません。

このような業者側の都合で決められた配達条件に対する苦情は多く、中にはその融通の利かなさを理由に解約をしてしまう方もいらっしゃるようです。

時間が限定されることも

また、ウォーターサーバーのボトルの配達は、平日の日中にしか行っていなかったり、3時間ごとのおおまかな時間帯指定しかできないという場合もあります。

そのため、時間の融通の利かなさは、日中に家を留守にすることが多い方にとっては大きなデメリットとなることも多く、そのことが苦情の原因となるケースもまた多いようです。

このようにウォーターサーバーのボトルに関しては、その配達方法に制限があり、受け取りが面倒であるという点が苦情を呼んでいるという実態もあります。