よくある苦情って?「ウォーターボトルが重く、ボトル交換が面倒」についてご紹介

ウォーターボトルが重く、ボトル交換が面倒

ウォーターサーバーで使用されるボトルは、殆どの場合サイズが大きく重いため、そのことが苦情につながっているケースも少なくありません。

続いては、ボトルのサイズ、重量を原因とする苦情について解説します。

ボトルの重量は十数キロする場合も

ウォーターサーバーで使用するボトルのサイズや重量は当然業者によって異なりますが、多くの場合、その重量は十数キロにもおよびます。

そのため、業者によって配達がされても、宅内の保管場所に運ぶのが困難であるといったことが苦情につながっているケースも多いようです。

一方でこの欠点を補うため、中には十キロ以下の軽いボトルを使用しているウォーターサーバーも存在しますが、そのような業者の場合、水がすぐに無くなってしまったり、配達回数が増えてしまうなどの欠点が生じることがあるため、その点も留意しておかなければなりません。

交換にも手間がかかる

ボトル式のウォーターサーバーでは、サーバーの上部にボトルを取り付けることが殆どであるため、重たいボトルは交換をするのにも手間がかかります。

そのため、それに失敗すると周辺が水浸しになってしまうことなどもあることから、そのことを原因とする苦情をまた多いようです。

また、最近ではボトル自体の軽量化を図るため、簡単につぶすことが可能なペットボトルと同様の素材を使用したボトルが多くなっており、誤って床に落としたりすると、その重量も相まって簡単に破損してしまうため、注意しなければなりません。

得に女性や高齢者にとっては負担が大きい

ボトルが重いという点は、女性や高齢者の方にとっては特に大きなデメリットです。

特に上述したボトルの保管場所への移動などの利用者自身で行わなければならない作業は、女性や高齢者が一人で行うのは困難であるため、その点が苦情の原因となっているケースも多いことが考えられます。