ボトル型ウォーターサーバーへの不満は水道直結型ウォーターサーバーで解決!特徴とメリットをご紹介

水道直結型ウォーターサーバーで解決!

ボトル型ウォーターサーバーの普及率は非常に高い一方、その特徴に対して不満を感じている方は決して少なくはなく、そのことは苦情の多さからも明白です。

一方で水道直結型ウォーターサーバーには、ボトル型ウォーターサーバーにはない特徴が多く存在するため、その苦情や不満を解消することもできるかもしれません。

ここでは、ボトル型のサーバーにはない水道に直結して使用するサーバーならではの特徴をいくつか挙げ、ご紹介したいと思います。

ボトルを受け取る必要がない

水道に直結して使用するウォーターサーバーは、その名のとおり水道に直結して使用するため、ボトルが必要ありません。

そのため、ボトルを受け取る必要もなく、その苦情の原因となっている定期的にボトルを受け取らなければならない手間を省くことができるというのが特徴です。

また、当然ボトルを保管する必要もないため、重たいボトルを保管場所へ運んだり、空になったボトルを交換する必要もなく、より快適にウォーターサーバーを使用することができるのです。

事故の心配が少ない

ボトル型ウォーターサーバーは上部に重たいボトルを取り付けるため、サーバー自体が安定せず、そのことが苦情の原因のひとつである転倒事故を引き起こす場合もあります。

しかしながら、水道に直結して使用するウォーターサーバーはボトルがないだけでなく、水道に直結させることでさらに安定感が増すため、転倒事故や使用時に手元が狂うことによる火傷事故なども防ぐことができるのです。

ボトルの購入ノルマがない

ボトルが必要ない水道直結型ウォーターサーバーは、当然ボトルの購入ノルマがありません。

そのため、季節に関係なく自身の好きなペースで水を使用することができ、また、必要のない分のボトルを購入することによって、保管ができない程のボトルが溜まってしまうこともないため、利用料金をコントロールしやすいというメリットが生じるのです。