水道直結型ウォーターサーバーを選ぶなら『Cool Qoo』がおすすめの理由とは?

『Cool Qoo』がおすすめの理由とは?

水道直結型ウォーターサーバーにはボトル型にはないさまざまな長所が備わっており、ボトル型のような苦情の原因となる欠点も比較的少ないです。

しかしながら、水道型の普及率はボトル型に比べて低く、取り扱っている業者も少ないため、それらの業者を見つけることすら難しいかもしれません。

ここでは水道直結型ウォーターサーバーの中でも特におすすめしたい「CoolQoo」について、その特徴をご紹介しますので、導入を検討する際の参考にしてみてください。

水道に直結して使用するウォーターサーバー

CoolQooは水道直結型のウォーターサーバーであるため、ボトル型のようにボトルの重さに関する苦情や、ボトルの配達方法に関する苦情が出ないです。

また、使用される水は水道水を高度なろ過機能を利用して処理したものであるため、塩素などの不純物が殆ど混在していません。

そのため、塩素を原因とするカルキ臭が発生せず、臭いに関する苦情が少ないという特徴です。

2種類のろ過コースを用意

このウォーターサーバーには、「UFろ過コース」「ROろ過コース」の2種類のろ過コースが用意されています。

このうち前者はミネラル分を残した状態でバクテリアや化学物質を除去できるのに対し、後者はミネラルをも除去できる高度なろ過機能により、不純物の含有量が限りなくゼロに近い状態までろ過することが可能です。

衛生面での過度な心配も不要

このサーバーの使用にあたっては年1回の有人メンテナンスを受けられるようになっています。

そのため、機器内部の衛生状態を良好に保つことが可能です。

また、機器本体には内部の自動洗浄機能も搭載されており、長時間ウォーターサーバーを使用しないことによって細菌が繁殖してしまうことを防げるようになっています。

このように、このサーバーにはさまざまなメリットがあり、水道直結型ウォーターサーバーを始めて使用するという方にもおすすめです。

また、以下に水道直結型ウォーターサーバーを取り扱う業者をランキング形式でご紹介しますので、業者選定の際の参考にしてみてください。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。