よくある苦情って?「ウォーターサーバーの水がプラスチック臭いという苦情と調査結果」についてご紹介

プラスチック臭いという苦情と調査結果についてご紹介

ウォーターサーバーの水をそのまま飲むという方は大多数を占めるため、その臭いを気にされる方は少なくないことが考えられます。

しかしながら、水の臭いに対する苦情は決して少なくないため、導入にあたってはそのような苦情の内容についても知っておかなければなりません。

臭いに関する苦情は多い

ウォーターサーバーの水はろ過などの処理がされているため、不純物を原因とする異臭はしないことが殆どです。

そのため、水道水に多いカルキ臭が苦手な方がウォーターサーバーを導入するというケースも少なくありません。

しかしながら、ウォーターサーバーの水をプラスチック臭いと感じる方は決して少なくはなく、そのような苦情も多いという実情があります。

そのため、特に臭いを気にされる方は、契約をする前に水そのものの臭いも確認しておかなければなりません。

プラスチック臭の原因

このようなプラスチック臭の原因は、水が入っているボトルであることが考えられます。

ボトル式のサーバーの場合、水は大型のボトルに入った状態での配達です。

このようなボトルの素材には、ペットボトルなどにも使用されるプラスチックが使用されていることが多いため、購入から短時間で消費してしまえば、水にプラスチックの臭いが移ってしまうことはほぼあり得ません。

しかしながら、ウォーターサーバーの場合は、消費しきるまでに時間がかかるだけでなく、場合によっては数週間開封せずに保管することもあるため、そのことがプラスチック臭い状態になってしまう原因であると考えることができます。

利用者側での対策では限界がある場合も

このことからボトル式のサーバーの場合は、早めに消費してしまえば、水にビニール臭が移ってしまうのを防ぐことが可能です。

しかしながら、ボトル1本当たりの水の量は十数リットルにもおよぶことが多いため、そのような対策も講じづらいでしょう。

そのため、契約前には水そのものの臭いを十分に確認し、契約後に臭いが強くなるようなことがあれば、すぐに解約してしまったほうがよいでしょう。